抜かないための歯周病の患者学
歯周病(歯槽膿漏)の原因からチェック方法、治療法など、歯周病に関する総合情報サイトです。歯周病の予防や正しいブラッシングの方法もご覧ください。[目白歯周病学研究会]
 
 
歯のしくみ
歯周病のメカニズム
歯周病の進行
歯周病の原因
歯周病の見分け方
歯周病に関与する病気
歯周病辞典
歯周病Q&A
歯周病セルフチェック
歯周病菌の検査
基本治療
歯を抜かない外科治療
再生療法
ブラッシングで歯周病予防
調和のとれた噛み方
定期検診のすすめ
ブラッシングの方法
歯磨きの実験
デンタル・グッズの使い方
 
主催者:目白歯周病学研究会
 
<歯科医師の方へ>
臨床家のための実践ペリオセミナー ベーシックコース
(春のコース 秋のコース 6日間)
初心者でもわかる!
なるほど歯周治療
認定歯科衛生士の資格取得をめざすキャリアアップセミナー
 
歯周病のメカニズム
 
■歯周病とは
歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨(アゴの骨)を溶かしてしまう、これが歯周病(歯槽膿漏)という病気です。
 
メカニズム その1 <細菌の繁殖>
歯垢や歯石がたまると、ここをかっこうのすみかとして歯と歯肉の境や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が繁殖します。この細菌こそが歯周病を引き起こす原因となります。
●歯垢とは
歯のくぼみ、溝についている細菌を歯垢といっています。歯をツメでこそぐと、ツメについてくる黄白色のねっとりとした塊まりが歯垢です。歯の表面で育ったバイ菌が主成分です。歯垢の1mgのなかには、およそ2億の細菌がいて、温度と水分と栄養に恵まれた快適な生活をおくっています。
この細菌たちは、つねに美味しいエサを求めながら成長しようとたくらんでいます。そのエサというのが、人間の口に入る食物です。さらにやっかいなのは、この細菌たちは、一度エサにありつくと、どんどん増える性質があります。そしてこの細菌たちが格好のすみかとしているところが、歯と歯肉の境、歯と歯の間や、歯のくぼみなどです。
歯垢が付着した歯
●歯垢から歯石へ
歯垢の中の細菌は、唾液の中のカルシウム成分と混ざり歯石(しせき)をつくります。目の非常にこまかい、小さな空洞のある軽石状のものが歯石です。歯石には栄養分が含まれているため細菌にとっては非常にありがたい「たまり場」でもあります。
表面が軽石状、つまりデコボコしているため歯垢や食べカスがたまりやすく、細菌にとっては願ってもないよいエサ場となって、細菌は雪ダルマ式に増えていきます。軽石状とはいえ、歯石は、ダイヤモンド、オパールの次といわれるくらい硬いものです。そして古くなるにつれて、どんどん硬くなっていきます。
したがって、軟らかい食べカスや歯垢は、歯ブラシなどで磨けば取りのぞけますが、歯石はとれません。 歯と歯肉の境目にたまって、目に見える歯垢は好気性菌の集団です。この好気性菌は酸素のとどく範囲内で繁殖します。
歯石が付着した歯
 
 
◆ 歯垢や歯石が原因ではない歯周病?
歯石がたくさんたまったいるからといって、必ずしも重い歯周病にかかるとはかぎりません。歯石がかなりたまっている人でも、それほで重症の歯周病ない人もいます。逆に、歯垢や歯石があまりたまっていない人で、かなり歯周病がすすんでいる人もいます。これは、とくに、若い人に見られる「若年性歯周炎」というもので、歯垢や歯石がそれほど多くないのに重症の歯周病です。これは遺伝性要因も関係しているといわれています。
 
 
メカニズム その2 <歯肉炎>
歯肉炎というのは、歯肉と歯肉線維が炎症を起こした状態で、その炎症はまだ骨とか歯根膜まで達していない段階です。いいかえれば、歯の根のまわりの柔らかい組織だけが、歯垢の中に含まれている細菌によって侵されているのが歯肉炎です。いわば、歯肉に限定された病気です。
この歯肉炎がすすむと歯周病になるのですが、歯肉炎になれば必ず歯周病になるとは限りません。歯肉炎のままで終わる人もいます。
また、歯肉炎にかかって、すぐに歯周病になる人もいれば、比較的長い時間を要して歯周病になる人もいます。年齢や体の抵抗力、そして細菌の種類、歯肉の性状によってまちまちです。
 
メカニズム その3 <歯ぐきから血が出る>
●出血するしくみ
出血するのは、歯と歯肉の間にポケットができ、その内側の歯肉に炎症が存在するからです。この炎症はポケットの中、特に歯の根の面に歯垢や歯石がべっとりとつくとおきます。
歯肉の内側には毛細血管が走っていて、歯肉溝(歯と歯肉の境目で健康な状態のこと)へ栄養を送っているわけですが、細菌の侵入によって炎症が起きるとエネルギーの消費量が増え、その結果、栄養の供給が不足してしまいます。そこへ歯ブラシをかけたり、リンゴをかじったりして物理的な刺激を与えると、血がにじみでるというわけです。
歯ぐきから血が出るということは、細菌がそこに存在しているということであり、歯周病の徴候といえるでしょう。
●出血する場所
○歯肉の内側
血が一番多くでるのは、細菌に接している歯肉の内側です。ですので、ポケットが深いほど悪質な嫌気性菌が繁殖していると思っていいでしょう。
○歯肉の外側
歯肉の外側から出血することもあります。これは、内側の炎症が移ってきたためで、この場合、ポケットの底はかなり強い炎症を起こしていることが予想されます。
●痛みについて
歯周病は、上記のとおり、歯ぐきに物理的な刺激を与えると出血はしますが、一般的には痛みはありません。痛む場合には、歯肉が化膿した時の痛みです。だから歯周病のことを別名「沈黙の病気」ともいわれています。
したがって、痛みがないからといって、ポケットができているのを放置しておくのは禁物です。命を落とすことはないでしょうが、大切な歯を失うことになりかねません。
 
メカニズム その4 <歯の根と歯肉がはがれ、歯槽骨が溶ける>
歯肉だけに起きていた炎症がさらに進行し、歯の根の方に侵入していきます。
骨と歯根膜を溶かしながら細菌が侵入してくると、炎症した病気の組織である歯肉などは歯の根と離れていきます。歯肉の組織がおかされてしまうために、歯の根に接着していることができなくなるからです。
歯周炎の原因となる細菌は、中のほうで繁殖して歯の根の先の方へ進むという性質をもっているため、進みながら歯根膜や骨、さらに、歯の根を溶かしていくことになります。
このくりかえしが歯周病を悪化させ、最終的には、歯の根のまわりの骨をほとんど溶かしてしまうため、歯はそこにとどまることができずに抜け落ちることになります。
侵入してきた細菌は、歯の根を溶かし、
やがては歯の周りの骨も溶かしていく
 
 
◆ポケットについて
歯周病では、歯と歯肉がはなれてできている、いわゆる「ポケット」と呼ばれるものがあります。
このポケットの深さは重症度のめやすとなります。
      2ミリまで・・・・・健康
      3ミリ前後・・・・・軽症
      4〜5ミリ・・・・・中程度
      5ミリ以上・・・・・重症
 
 
 
(C)2004 目白歯周病学研究会 抜かないための歯周病の患者学 All rights reserved.
目立たない矯正歯科、舌側矯正装置とインビザライン、見えない矯正歯科大全