抜かないための歯周病の患者学
歯周病(歯槽膿漏)の原因からチェック方法、治療法など、歯周病に関する総合情報サイトです。歯周病の予防や正しいブラッシングの方法もご覧ください。[目白歯周病学研究会]
 
 
歯のしくみ
歯周病のメカニズム
歯周病の進行
歯周病の原因
歯周病の見分け方
歯周病に関与する病気
歯周病辞典
歯周病Q&A
歯周病セルフチェック
歯周病菌の検査
基本治療
歯を抜かない外科治療
再生療法
ブラッシングで歯周病予防
調和のとれた噛み方
定期検診のすすめ
ブラッシングの方法
歯磨きの実験
デンタル・グッズの使い方
 
主催者:目白歯周病学研究会
 
<歯科医師の方へ>
臨床家のための実践ペリオセミナー ベーシックコース
(春のコース 秋のコース 6日間)
初心者でもわかる!
なるほど歯周治療
認定歯科衛生士の資格取得をめざすキャリアアップセミナー
 
ブラッシングの方法 〜バス法〜
 
     
[1]歯に45度の角度になるようにブラシを当てて、歯と歯肉の間に毛先を集中させます。   [2]ブラッシングは一番奥の臼歯の後ろ側から磨き始めるのがよいでしょう。ただし、この部位は口を大きく開けすぎると歯ブラシが全く入らないので、はじめに人差し指を当てて口の開き具合を確認するとよいでしょう。   [3]次に外側を、毛先がほとんど動かないほどの細かいストロークで震動を与えるようにして磨きます。歯ブラシを柔らかいタッチで軽く持つのがコツです。   [4]前図3で10秒ほど磨いたら、1歯分歯ブラシを移動させて当てる。
             
     
[5]毛先が歯と歯肉の間に入っているのを確認した上で毛先を動かさず歯ブラシの頭を小さく震動させます。   [6]下あご前歯の外側の磨き方です。奥の歯から順番に1歯ずつずらして前歯にいたるように磨きましょう。   [7]下あごの内側も一番奥の臼歯から磨き始めます。この部位は最も磨きにくく磨き残しやすいので、常に歯肉に毛先が当たっていることを意識しましょう。   [8]下あごの臼歯の内側は、舌が邪魔するため磨き残しやすいです。舌の下に歯ブラシを入れるようにするとよいでしょう。
             
     
[9]下あごの犬歯の部位はカーブがきついため歯ブラシを動かしにくいので気をつけましょう。1歯ずつ確実に。   [10]下あご前歯の内側は唾液腺の開口部に近いため、歯石がたまりやすい要注意ポイント。毛先が歯と歯肉の間にしっかり入った状態で歯ブラシの頭を震動させて磨きましょう。   [11]上あご臼歯の外側も唾液腺の開口部に近く歯石がたまりやすいポイントです。ていねいに1歯ずつ磨きましょう。   [12]上あご前歯は最も外から見える部位です。平らな部分に目がいきがちですが、歯と歯肉の間をしっかりと磨くことが大切です。
 
歯ブラシの持ち方
 
毛筆の要領で軽く握りましょう
 
手のひらで握りしめず、指先で軽く持つようにします。手の中に空間をつくるのがコツです。
 
下のような持ち方になると、さらに細かい震動を与えることができます。
 
 
 
 
(C)2004 目白歯周病学研究会 抜かないための歯周病の患者学 All rights reserved.
目立たない矯正歯科、舌側矯正装置とインビザライン、見えない矯正歯科大全